太陽光を利用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
モルドバ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2011年7月
供与額
4.17億円

プロジェクト紹介

国内に天然資源が乏しく、エネルギー自給率が低いことが経済停滞の一要因となっているモルドバ。この協力ではモルドバに再生エネルギーを普及させるための試験的事業として、首都キシナウにある国立腫瘍学研究所に、太陽光発電システムの設置を支援しました。電力の供給源を多様化することにより、同国のエネルギー自給率の向上と、持続的な経済・社会開発の促進に寄与しました。なお、この協力は、日本が2009年12月に発表した気候変動対策に関する途上国支援の一環です。

協力地域地図

太陽光を利用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立腫瘍学研究所 病院本館棟:太陽光発電モジュール90キロワット相当設置予定(協力実施前撮影、以下写真2〜5まで同様) 

  • 外来診療棟(1階正面玄関庇上部):太陽光発電モジュール設置場所 

  • 旧サーバールーム:モニター室として改修予定 

  • 受変電施設:本件との低圧系統連系を行う。 

  • 受変電施設 

  • データ解析を行っている様子 

  • モニタリングシステムについての実習風景 

  • 太陽光発電(以下、PV)パネル交換実習風景 

  • PVチェッカーによる測定実習風景 

  • 病院本館棟屋上:PV全景 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。