第二次ルアプラ州地下水開発計画

(The Project for Groundwater Development in Luapula Province Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2011年6月
事業
無償資金協力
供与額
7.12億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ザンビアでは、安全な飲用水の供給率が低く、水因性疾患による死亡率の高さが問題となっていました。この協力では、同国内で給水率が最も低いルアプラ州において、ハンドポンプ付深井戸216本の建設を支援しました。これにより、安全な水の給水率を向上させ、住民の健康維持に貢献しました。なお、日本は、2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICAD 4)において、アフリカ諸国の水と衛生や環境・気候変動分野での取組みを支援していくことを表明しており、今回の協力は、その取組みを具体化するものです。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報