コミュニティ・イニシアティブによる初等教育改善プロジェクトフェーズ2

Project for Supporting Community Initiative for Education Development(Phase 2)

終了案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2012年9月〜2016年8月

プロジェクト紹介

ラオスでは、初等教育の純就学率や成人識字率は改善傾向にありますが、都市部と農村部の教育格差は依然として深刻な課題でした。日本は、2007〜2010年の先行プロジェクトで純就学率が低い南部3県の6郡90校を対象に、村教育開発委員会を主体とした学校改善計画の立案・実施などを支援しました。この成果を拡大・発展させるべく、この協力(フェーズ2)では、教育省・県教育局・郡教育局の能力強化を支援しました。これにより、南部4県における教育へのアクセスと質の改善に寄与しました。

協力地域地図

コミュニティ・イニシアティブによる初等教育改善プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 授業を受ける子どもたち。 

  • ワークショップを行う岩品専門家。 

  • 県教育局トレーナーによる校長先生を対象とした学校運営ワークショップの実施。 

  • 学校運営ワークショップの様子。左から3人目が岩品専門家。 

  • 県教育局トレーナーによる学校運営ワークショップの実施。 

  • プロジェクト開始キックオフミーティング。 

  • 学校改善計画について話し合う校長先生たち。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。