災害多発地域における道路技術改善プロジェクト

(Project for Improvement of Road Technology in Disaster Affected Area)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年8月〜2015年8月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ミャンマーの道路は、アスファルト舗装率の高い主要都市間道路を除き、浸水などに対して極めて脆弱です。特に、沿岸部のエーヤーワディ・デルタ地域は地盤が軟弱で、サイクロンや大雨などの災害による被害が大きくなっています。一方で、建設省における道路技術は基本的な内容にとどまっており、技術者が効果的な技術の知識を持たないまま、道路整備が進められています。この協力では、同地域に適応可能な道路整備にかかる能力強化を支援します。これにより、災害多発地域の道路状況の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子