国家森林モニタリングシステム強化プロジェクト

(The Project for Enhancing National Forest Monitoring System for the Promotion of Sustainable Natural Resource Management)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ボツワナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年7月〜2017年12月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

ボツワナは国土の20パーセント強が乾燥落葉樹などの森林で覆われており、多様な生態系と多数の希少種の生息域となっているだけでなく、衣料やタンパク源として利用される多くの有用植物を有することから、地域住民の貴重な収入源にもなっています。しかし、森林火災や牧草地の拡大などにより、近年大幅に森林面積が減少しました。この協力では、同国森林局の職員に対し、国家森林インベントリーの方法論の確立、森林GISデータベースの整備などを支援します。これにより、森林モニタリングにより得られた情報が、政府機関、地域住民を含む関係者間で共有および活用され、同国において持続的な森林管理が促進されることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子