一村一品サービス改善プロジェクト

(Project for Improving OVOP Services)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年11月〜2014年11月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

ケニアでは、投資や産業が都市部に集中しており、農村部の中小零細企業の活性化が重要な課題となっていました。日本は、2011年までに11県で一村一品(OVOP)運動の手法を取り入れたパイロット事業の実施を支援しました。この協力では、その経験を生かして、OVOP事務局の適切な運営管理、県・コミュニティレベルのOVOPプログラムの推進、関係機関との連携強化などを支援しました。これにより、対象県においてOVOPプログラムの改善と拡大を図り、地方の経済活動の活性化および地域格差の削減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報