黄熱病およびリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発とそのアウトブレイク警戒システムの構築

(The Project for Development of Rapid Diagnostics and the Establishment of an Alert System for Outbreaks of Yellow Fever and Rift Valley Fever)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年1月〜2017年1月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ケニアをはじめとする東アフリカ諸国では、アルボウイルスによって引き起こされる黄熱病やリフトバレー熱による被害が深刻な状況です。対策としては、ウイルスの侵入を可能な限り迅速に診断し、緊急ワクチン接種の実施などの「早期封じ込め」が有効ですが、監視・診断・治療すべての面で遅れていました。この協力では、安価な迅速診断法の開発と、病原体確定診断を行うリファレンス機能の強化、集団感染の早期警戒システムの構築などの研究を支援しました。これにより、黄熱病とリフトバレー熱の早期封じ込めシステムの強化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報