デジタル地形図作成プロジェクト

(Digital Topographic Mapping Project in Burkina Faso)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルキナファソ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2014年7月
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発

プロジェクトの紹介

ブルキナファソでは、国土基本図の整備を進めてきましたが、財政事情のため整備が滞っており、現時点での進捗は主に南西部のみで全体の約36パーセントでした(2011年)。一方、北部地域は鉱物資源開発や水資源開発などの観点から国土基本図の重要性が高くなっていました。この協力では、北部地域(約23,000キロ平方メートル)の衛星画像を用いたデジタル地形図の作成の支援と、国土地理院職員が自身で地形図の作成および更新を行えるように技術移転を行いました。これにより、デジタル地形図の量産体制の構築を図り、国土開発の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報