ナカラ回廊農業開発におけるコミュニティレベル開発モデル策定プロジェクト

The Project for establishment of development model at communities' level under Nacala corridor agricultural development(ProSAVANA)

国名
モザンビーク
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2013年5月〜2019年5月

プロジェクト紹介

モザンビークでは、労働人口の約80パーセントが農業部門に従事していますが、耕作が実施されている面積は16パーセントにとどまっています。特に同国北部に広がる熱帯サバンナ地域は、一定の雨量と広大な面積を有する農耕可能地に恵まれているため、農業生産拡大のポテンシャルが高い地域ですが、農業技術は限定的で生産性が低い状況です。この協力では、対象地域において営農規模に応じた農業開発モデルの確立などを支援し、農業生産性の向上に寄与します。

協力地域地図

ナカラ回廊農業開発におけるコミュニティレベル開発モデル策定プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 農業学校(Farmers Field School:FFS)での農業普及員に対するOJT研修(ラパレ) 

  • FFSでの農業普及員に対するOJT研修(ラパレ) 

  • FFSでの農業普及員に対するOJT研修(ラパレ) 

  • 現地農業普及員によるキーファーマーへの営農指導(ラパレ) 

  • ゴマ播種の様子(ラパレ) 

  • 女性アソシエーションメンバー(リシンガ) 

  • アソシエーションへの播種方法指導の様子(リバウエ) 

  • アソシエーションメンバー(リバウエ) 

関連情報