REDD+モニタリングのための持続可能な森林資源情報プラットフォーム整備プロジェクト

(The Project for thr Establishment of Sustainable Forest Resources Information Platform for Monitoring REDD+)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モザンビーク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年3月〜2018年3月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

モザンビークは、国民の約8割が農村部に居住しており、国土の約5割を占める森林資源へ依存度が高くなっています。しかし、森林管理の行政能力が不十分であることから、毎年森林面積が減少しています。そのため、同国はREDD+の枠組みを活用した持続的な森林保全に取り組んでいますが、REDD+に必要な森林資源情報が整備されていません。この協力では、森林資源の情報プラットフォーム整備を支援し、適切な森林資源のモニタリングシステムの確立を目指します。これにより、同国における持続的な森林管理とREDD+の体制確立に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報