保健人材養成機関教員能力強化プロジェクト

(The project for strengthening pedagogical and technical skills of teachers of health training institute)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モザンビーク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年1月〜2015年12月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

モザンビークでは1992年まで続いた内戦の影響により、医療・保健人材が大きく不足し、これまで日本を含む複数の支援国が、養成機関のカリキュラムや教材の策定を行ってきました。その結果、技術的な内容の整合性や一貫性がとれていないなどの新たな問題が表面化しています。この協力では、同国保健省が優先コースと位置づけている6つの専門コース(医療技師、予防医学、看護、母子保健看護、薬剤技師、臨床検査技師)に対し、カリキュラムや指導マニュアルの標準化などを支援します。これにより、同国の質の高い保健人材の育成に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子