• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 観光関連機関間のリンケージ強化を通じたデスティネーションマーケテイングプロモーション能力強化プロジェクト

観光関連機関間のリンケージ強化を通じたデスティネーションマーケテイング・プロモーション能力強化プロジェクト

The project for Enhancement of the Capacity of Destination Marketing and Promotion through Strengthening the Linkage among Tourism Related Organizations

国名
モザンビーク
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2012年3月〜2015年3月

プロジェクト紹介

モザンビークは歴史的価値のある建造物やビーチリゾート、サファリ、彫刻や踊りなどの有望な観光資源を有し、政府は国際観光客の受け入れによる地域経済の活性化を目指しています。しかし現状では、観光産業の地域経済や雇用へのインパクトは限られており、今後はより地元に裨益する観光開発を進めていくことが重要となっています。この協力では、観光資源および観光産業の地元への裨益を促進するためのマーケティング・プロモーションの強化を支援し、観光を通じた地域経済の活性化を図りました。

協力地域地図

観光関連機関間のリンケージ強化を通じたデスティネーションマーケテイングプロモーション能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • イニャンバネ州観光開発構想に関するワークショップ 

  • イニャンバネ州観光局のカウンターパートとの会議 

  • 第1回イニャンバネ州観光フォーラム(官民連携強化) 

  • 観光資源調査モニタリング(地元社会によるVillage Tourismの開発) 

  • 観光資源調査モニタリング(グレート・ジンバブエ朝マニケニ遺跡に関する現地考古専門家の説明) 

  • 観光資源調査モニタリング(イニャンバネ州内最大の伝統文化イベントであるティンビラ祭) 

  • 観光資源調査モニタリング(漁業組合関係者との漁獲品の観光的活用の可能性について) 

  • 首都マプトにおける官民連携マーケティング委員会 

  • 観光客インタビュー調査モニタリング(イニャンバネ空港) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。