ギテガ県における紛争影響地域の生活向上を目的としたコミュニティ開発プロジェクト

(Project for Community Development for Improvement of Livelihood in the Conflict-Affected Areas in the Gitega Province)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルンジ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年2月〜2015年2月
事業
技術協力
課題
平和構築、農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ブルンジのギテガ県は、長年の民族紛争の影響で、帰還民などの社会的弱者が多数居住しています。住民は主に農業で生計を立てていますが、土地の荒廃や干ばつなどの影響で生活は厳しい状況でした。同県では、コミューン(県の下の行政府)単位の開発計画は立てられているものの、予算不足や行政官の能力不足などにより適切に実施されていませんでした。この協力では、コミューン開発計画の実施促進を目指し、農業分野を中心としたパイロット事業を通じ、行政機関とコミュニティの能力強化を支援しました。これにより、対象地域の人々の生活向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子