薬剤耐性細菌発生機構の解明と対策モデルの開発

(Determine the Outbreak Mechanisms and Development of a surveillance Model for Multi-Drug Resistant Bacteria)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ベトナム [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2017年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ベトナムでは、医療・畜水産分野における抗菌剤の濫用により、多くの抗生物質に耐性を持つ薬剤耐性細菌が高い頻度で検出されており、難治性の感染症を引き起こす懸念が高まっています。人や農産物の流通の拡大に伴い、薬剤耐性細菌の拡散状況の把握とその抑制に資する研究は、地球規模の課題です。この協力では、薬剤耐性菌の拡散メカニズムの解明や監視システムの構築、食品安全検査に関わる研究者・技術者の育成などの支援を行いました。これにより、薬剤耐性細菌の蔓延抑制に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報