中央デルタ灌漑のための排水水質管理・再利用プロジェクト

(Project for Drainage Water Quality Control for Irrigation in Middle Delta)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エジプト [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年2月〜2016年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、環境管理

プロジェクトの紹介

エジプトのナイル川下流域にある中央デルタ地域では、急激な人口増加と食料増産により水需要が逼迫し、農業灌漑用水の不足が発生していました。同国は降雨量が少なく、水源も限られているため、排水の再利用を検討していますが、都市排水やゴミの不法投棄、農業廃棄物の混入などにより水質汚濁が激しいため、再利用量は目標値を下回っている状況でした。この協力では、灌漑のための水質保全対策を含む排水再利用計画の策定と、パイロットプロジェクトを通じて関係者の事業計画策定および事業実施能力向上を支援しました。これにより、同地域の排水の再利用を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子