ベンガルール及びマイソール都市圏ITSマスタープラン策定調査プロジェクト

Master Plan Study on the Introduction of Intelligent Transport System(ITS) in Bengaluru and Mysore

国名
インド
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2014年1月〜2015年6月

プロジェクト紹介

大規模なIT工業団地が集まるインド南部の産業都市ベンガルールは、同国最大の情報通信産業集積地で、同市の高度道路交通システム(ITS)には交通管制センターが整備され、CCTVによる監視や信号無視の取り締まりなどが実施されており、同国のモデルケースとなっていますが、居住地域・オフィス街と公共交通網とを結ぶ支線整備、駅周辺の駐車場整備、公共バスとの接続、ユーザーへの情報提供などが急務となっています。この協力では、ベンガルールと同市近郊の観光都市マイソール都市圏におけるITSマスタープランの策定と、関係者の人材育成を支援します。これにより、対象2市における道路・公共交通利用者に対するサービスの向上と、交通混雑の緩和に寄与します。

協力地域地図

ベンガルール及びマイソール都市圏ITSマスタープラン策定調査プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カルナタカ州都市交通局にて開催した第1回技術諮問会議(以下、TAGミーティング) 

  • マイソール市にて開催した第4回TAGミーティング 

  • インタビューに応じる調査団(カルナタカ州道路交通公社) 

  • ベンガルール市内で実施した交通量調査 

  • 世界銀行によって整備されたマイソール市バスロケシステム管制センター 

  • ベンガルール交通警察交通管制センター 

  • 渋滞が慢性化しているインドベンガルール市 

  • カルナタカ州都市交通局(カウンターパート)で開催されたオナムフェスティバル(南インドで有名なヒンドゥー教のお祭り。現地の風習により当日はカウンターパート職員および調査団全員が民族衣装で出勤) 

  • カルナタカ州都市交通局(カウンターパート)で随時開催されるバースディパーティ(調査団員も何名かお祝いされた) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。