アフガニスタン・タジキスタン国境バダフシャーン地域における農村開発プロジェクト

Rural Development Project in Tajik-Afghan Border Area of Gorno-Badakhshan Autonomous Oblast

終了案件

国名
タジキスタン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2012年2月〜2015年1月

プロジェクト紹介

1991年末に独立、しかし翌年から内戦によって不安定な状態が続いたタジキスタンでは、少ない雇用機会や給与水準が低いことから、多くの農村労働者が海外に流出しており、家計は外国からの仕送りに依存していました。このため特に農村部を中心とする開発の推進が求められてきましたが、その前提として社会基盤の整備や基礎的な社会サービスの充実が課題となっていました。この協力では、1990年代から同地域において活動を続けているアガハーン財団と連携し、貧困人口比率が国内で大幅に上回るゴルノバダフシャン自治州に、基礎インフラ整備の改善、地方行政組織が住民の要望に基づいた社会サービスを提供できる体制の整備などを支援し、住民への社会サービスの向上を図りました。

協力地域地図

アフガニスタン・タジキスタン国境バダフシャーン地域における農村開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • JICAはアフガニスタン・タジキスタン国境の両側で、それぞれアガハーン財団(AKF)アフガニスタンオフィス、タジキスタンオフィスと連携し、国境開発を展開している。写真は、AKFタジキスタンのスタッフが、国境を越え、アフガニスタン側シュグナン郡でAKFアフガニスタン側事業担当者と意見交換する様子。 

  • タジキスタンからAKFスタッフと住民代表(各Districtに組織された県社会組合協会のメンバー)がアフガニスタン側の住民たち(県開発会議、村落開発会議のメンバー)を訪問。プロジェクトを通じ、両国の政府、住民関係者が定期的に集い、互いの開発ニーズや事業の進捗について情報交換し、教訓などを共有することとなっている。 

  • タジキスタン側AKFスタッフと住民代表が、アフガニスタン側住民を訪問した際の様子。 

  • タジキスタン側AKFスタッフと住民代表が、アフガニスタン側住民を訪問した際の様子。 

  • プロジェクト活動の一環で、隣国キルギスの技術協力プロジェクト「一村一品プロジェクト(OVOP)」を訪問。官民連携の在り方を学び、地域おこし事業(OVOP)ショップを視察した。 

  • 本事業で建設された橋によって、子供たちの通学路が飛躍的に短縮された。その結果子供たちは他の活動により多くの時間を使うことができるようなった。 

  • 飲料水施設の設置によって、女性や子供たちは河に水汲みに行く必要がなくなった。また安全な水が確保されたことで、衛生状況が改善し、感染症が減少した。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。