稲作開発プロジェクト

(Project for Rice Development)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年7月〜2018年7月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

アンゴラは、石油、ダイヤモンドなどの鉱物資源に恵まれ、近年安定した経済成長率を維持していますが、いまだに石油収入依存が高く、経済構造は外部要因に対して脆弱で、特に農業は長期にわたる内戦により生産力が停滞し、国内で消費される穀物の自給率が低い状況です。この協力では、輸入に頼っているコメの生産を拡大するべく、ビエ州およびウアンボ州において、稲作の現状調査により灌漑開発方針を策定するとともに、小規模農家で活用可能な稲作技術を選定し普及するための稲作技術パッケージの開発を支援します。これにより、対象地域におけるコメの生産量の増加に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子