マタディ橋維持管理能力向上プロジェクト

(Project on capacity development for bridge management)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コンゴ民主共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

コンゴ民主共和国のマタディ橋は、日本の円借款により建設され、経済・社会面で重要な役割を果たしてきました。しかし建設から30年が経過し、橋梁維持管理の点検、補修計画の見直しに変更が求められていますが、同国には500メートル以上の長大橋や吊橋が他に存在しないため、十分な技術が蓄えられていません。この協力では、同橋の維持管理を行うキンシャサ・バナナ交通公団(OEBK)に対して、中期的な橋梁維持運営管理計画の策定や技術者の維持管理技術の向上などを支援します。これにより、同橋梁が継続的・適切に維持管理されることを目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報