ジャラル渓谷及びシェベレ川流域水資源開発計画策定・緊急給水プロジェクト

(Jarar valley and Shebele Sub-basin Water Supply Development Plan, and Emergency Water Supply)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2013年8月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

エチオピアの東部は「アフリカの角」と呼ばれる干ばつや食糧危機が発生しやすい地域に属し、2011年にも過去60年で最悪とされる干ばつ被害が発生しました。特にソマリ州など標高が低い地域は、深刻な事態に陥りやすい傾向にあります。この協力では、ソマリ州水資源局に対し、ジャラル渓谷およびシェベレ川流域において水資源開発を行うための給水計画の策定を支援しました。これにより、効率的かつ効果的に水資源開発を進め、緊急時の給水ニーズに対応すると同時に、ソマリ州水資源局の体制や技術力、対応能力の強化にも寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報