半乾燥地持続的小規模灌漑開発管理プロジェクト

(Sustainable Smallholder Irrigation Development and Management in Semi-Arid Lands Project(SIDEMAN-SAL))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年6月〜2015年5月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ケニア北部地域を含むアフリカの角地域は乾燥地・半乾燥地が大半を占め、干ばつに伴う食糧危機が慢性的・周期的に発生しています。日本はこれまで同国北部を対象とした干ばつへの対応能力(レジリエンス)強化を支援していますが、近年は北部のみならず、半乾燥地に対する対応能力強化が必要となっています。この協力では、過去に中南部(より自然条件が恵まれているエリア)を対象に実施されたプロジェクトで推進した農民参加型による小規模灌漑開発が、半乾燥地に適用できるかを検証します。これにより、安定的な農業用水の確保を目指し、干ばつ時の食料安全保障の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報