ベシオ港拡張計画

The Project for Expansion of Betio Port

終了案件

国名
キリバス
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2011年6月
供与額
30.52億円

プロジェクト紹介

広大な海域を有する海洋国家であるキリバスでは、ベシオ港が唯一の国際港であり、散在する島嶼を結ぶ国内海上輸送の拠点としても重要な役割を果たしています。しかしこれまで直接コンテナ船が着岸できる港湾設備がないなど、荷役効率が悪い状況でした。この協力では、係留桟橋や連絡橋などの施設建設および港湾荷役機械の整備を支援しました。これにより、同港の荷役効率が向上し、輸送コストの低減など経済効果の向上に寄与しました。なお、この協力は、2009年5月の第5回太平洋・島サミットで表明した、同地域への継続的な支援を具体化するものです。

協力地域地図

ベシオ港拡張計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施前の様子】ベシオ港の全景 

  • 【協力実施前の様子】旧港施設の状況 

  • 【協力実施前の様子】岸壁。東側部、西側同様車止めは破損している。 

  • 【協力実施前の様子】岸壁でのコンテナの輸送状況 

  • 【協力実施前の様子】航路標識。上部は破損している。 

  • 【協力実施後の様子】ベシオ港の全景 

  • 【協力実施後の様子】桟橋部の船舶係留時の様子 

  • 【協力実施後の様子】整備された航路標識 

  • 【協力実施後の様子】調達機材(フォークリフト) 

  • 【協力実施後の様子】竣工式典の様子(2014年7月1日) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。