南部地域給水改善計画

The Project for Rehabilitation and Improvement of Water Facilities in Tafieleh Governorate

国名
ヨルダン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2011年6月
供与額
19.11億円

プロジェクト紹介

ヨルダンは国土の約75パーセントが砂漠地帯に属し、水資源の有効かつ公平な利用は国の重要課題です。特にヨルダン南部地域は、基幹水道システムの劣化や無収水率の高さによって、住民への送配水が不安定な状態にありました。この協力では、タフィーラ市、タフィーラ県南部を対象として、送配水システムの再構築(配水池の建設・配水管網更新・配水区の設定など)を支援します。これにより、対象地域における給水の安定化と、これまで無駄になっていた水の有効利用や送配水設備のエネルギー効率向上に寄与しました。

協力地域地図

南部地域給水改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施前の様子】ブセイラ配水池建設予定地 

  • 【協力実施前の様子】建設予定のブセイラ配水池入り口の一般道 

  • 【協力実施前の様子】ガランダール配水池建設予定地 

  • 【協力実施前の様子】建設予定のガランダール配水池への取付け道路予定地 

  • 【協力実施前の様子】エラワス既存ポンプ場(ポンプ室内) 

  • 【協力実施前の様子】エラワス既存ポンプ場(ポンプ配管) 

  • 【協力実施前の様子】エラワス既存ポンプ場(電気盤) 

  • 【協力実施前の様子】エラワス既存ポンプ場(貯水槽・配水池) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。