国道九号線(メコン地域東西経済回廊)整備計画

The Project for Improvement of National Road No.9 as East-West Economic Corridor of the Mekong region

国名
ラオス
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
32.73億円

プロジェクト紹介

内陸国であるラオスにとって国道九号線は、周辺国との関係を強化する極めて重要な国際幹線道路です。過去に日本の無償資金協力とアジア開発銀行の支援により、この道路の改修が実施されましたが、その後、鉱山開発などにより大型車両の通行量が増加し、道路の損傷が拡大していました。この協力では、損傷の著しいセノ〜ムアンピンの舗装構造の強化、さらに排水設備を充実した道路構造への改修を実施しました。これにより、安全性・快適性が向上しただけでなく、メコン地域全体の貿易・投資促進など、経済発展にも寄与しました。

協力地域地図

国道九号線(メコン地域東西経済回廊)整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)道路上に発生した路面陥没状況(車両走行中に陥没に落ちることが予想され、大変危険な状態) 

  • (協力実施前)亀甲状のひび割れが発生している路面状況(亀甲状の破片が車両や周辺に飛散するため、大変危険な状態) 

  • (協力実施前)甲状のひび割れによる舗装が変形している状況(亀甲状の破片が車両や周辺に飛散するため、さらに運転操作を誤る大変危険な状態) 

  • (協力実施前)路面舗装状況の調査(重量制限以上の車両の走行により、舗装路面が悪影響を受けている) 

  • (協力実施前)道路横断排水管の閉塞状況の調査(周辺土砂の崩壊によって排水管が閉塞し、周辺土砂が更に崩壊している) 

  • (協力実施前)土砂のみで構築した側溝周辺の崩壊状況(崩壊土砂の側溝への堆積で流路が遮断されている) 

  • (協力実施前)排水側溝への滞水状況(横断及び縦断方向への排水管不足による側溝への滞水) 

  • (協力実施後)第一工区開始地点の様子 

  • (協力実施後)第二工区終了地点の様子 

  • (協力実施後)国道九号線北側の排水路 浸水が発生しても排水がよいため浸水時間が短縮している 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。