ビエンチャン国際空港拡張計画

The Project for Expansion of Vientiane International Airport in the Lao People's Democratic Republic

国名
ラオス
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
19.35億円

プロジェクト紹介

ラオスのビエンチャン国際空港は、同国の玄関口であり、観光分野をはじめとする経済活動の重要な拠点です。しかし国際民間航空機構(ICAO)の定める空港に関する国際基準に十分に対応できておらず、保安検査機材の導入や、老朽化した空港設備の改修が急務となっていました。この協力では、駐機場の拡張、航空機誘導路の新設、照明設備および保安機材(空港用消防車・X線検査機・爆発物検査機など)の整備を支援しました。これにより、同空港の安全性・保安体制の向上と将来的な航空需要の増加への対応を図ります。

協力地域地図

ビエンチャン国際空港拡張計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前のビエンチャン国際空港。1日のピーク時間帯である14時から15時頃のエプロン利用状況。小型プロペラ機が5機駐機している。 

  • 協力実施前のエプロン拡張予定範囲 

  • 協力実施前の空港消防車(故障中) 

  • エプロン東部新設部分と既設GSE通路東端部拡幅部分 

  • エプロン拡張部分 

  • 設置された誘導路横断ボックスカルバート 

  • 供与されたセキュリティ機材 

  • エプロン消防自動車 

  • 消防自動車引渡式 

  • プロジェクト銘鈑 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。