コンセプシオン市及びピラール市給水システム改善計画

国名
パラグアイ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
14.89億円

プロジェクト紹介

パラグアイの地方中核都市であるコンセプシオン市やピラール市の飲料水は、上水道施設の老朽化により浄水処理能力が不足し、原水となるパラグアイ川の高い濁度の処理に十分に対応できていないため、下痢や寄生虫などの水因性疾患の原因となっています。また人口増加に伴い、2014年には供給量不足も予測されています。この協力では、両市において取水施設の更新と、高濁度の原水の処理に適した急速濾過方式の浄水施設の新設を支援しました。これにより、水質の改善、給水量の増加および住民への安全な水の提供に寄与しました。

協力地域地図

コンセプシオン市及びピラール市給水システム改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前のコンセプシオン市浄水施設。1979年に建設されたユニット。奥にはその後増設されたプラントが存在する。 

  • 協力実施前のピラール市浄水施設。1979年に建設されたプラント。コンセプシオン市に比べて場内は整頓されているが、躯体の劣化度合いは同程度である。表面には漏水の後が見られ、黒く変色している。 

  • 協力実施前のピラール市浄水施設。配管の漏水。浄水プラントの配管のバルブは劣化が激しく、多くの漏水が確認された。浄水場内の漏水を削減できれば、給水量の増加につながる。 

  • 施工中の様子(コンセプシオン市) 

  • 施工中の様子(コンセプシオン市) 

  • この協力で整備されたコンセプシオン浄水場(全景) 

  • この協力で整備されたコンセプシオン浄水場(沈殿池) 

  • この協力で整備されたコンセプシオン浄水場(ポンプ室) 

  • この協力で整備されたピラール浄水場(全景) 

  • この協力で整備されたピラール浄水場(沈澱池) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。