マヨン火山周辺地域避難所整備計画

The Project for Evacuation Shelter Construction in Disaster Vulnerable Areas in Province of Albay

終了案件

国名
フィリピン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
7.39億円

プロジェクト紹介

フィリピンのアルバイ州に位置するマヨン火山は、フィリピンで最も活動が活発な活火山のひとつです。約8年間隔で起こる噴火に加え、年平均3〜5回襲来する台風の時期には火山灰の泥流化や土石流、洪水による被害が頻発しています。この協力では、マヨン火山周辺地域の学校6校で教室棟11棟、水廻り棟7棟の整備を支援しました。これにより火山噴火、台風、豪雨などの際、地域住民が安全に避難できる施設を確保し、これらの地域の児童に対して安全な学習環境を確保しました。

協力地域地図

マヨン火山周辺地域避難所整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【完工後】オアス南中央小学校の外観 

  • 【完工後】オアス南中央小学校:トイレ 

  • 【完工後】サントドミンゴ中央小学校の外観 

  • 【完工後】マニト中央小学校の外観 

  • 【完工後】マニト中央小学校:普通教室 

  • 【協力実施前の様子】オアス南中央小学校。窓や天井の損傷が激しく、使用されていなかった教室 

  • 【協力実施前の様子】オアス南中央小学校:トイレ 

  • 【協力実施前の様子】サントドミンゴ中央小学校:屋根が吹き飛ばされたまま修繕されていなかった教室 

  • 【協力実施前の様子】マニト中央小学校:台風により屋根が吹き飛ばされ、使用不可となっていた教室 

  • 【協力実施前の様子】マニト中央小学校:普通教室 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。