沿岸部防災機能強化のためのマングローブ植林計画

(The Project for Mangrove Rehabilitation Plan for Enhancement of Disaster Prevention in Ayeyawady Delta)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2012年8月
事業
無償資金協力
供与額
5.83億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ミャンマー沿岸部では、これまで発生した自然災害によりマングローブ林のうち約38,000ヘクタールが壊滅的な被害を受けたと報告されていました。マングローブ林は、防災機能が再認識されており、その復旧が緊急課題となっていました。この協力では、ミャンマー沿岸部のエーヤーワディ・デルタ地域のカドンカニ森林区において、マングローブ林1,500ヘクタールの造成、サイクロン避難施設の整備および機材の調達を支援しました。これにより、マングローブ林の復旧を通じた防災機能の向上を図り、温室効果ガスの削減にも貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報