国立民俗文化遺産研究所視聴覚機材整備計画

The Project for the Improvement of Audio Visual Equipment of the National Institute of Folk and Traditional Heritage

国名
パキスタン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
教育
贈与契約(G/A)締結
2012年5月
供与額
0.49億円

プロジェクト紹介

パキスタンには、各民族の多種多様な無形文化財(伝統音楽、舞踏、民話など)が存在しています。しかし、テレビやインターネットの普及により、各地域の伝統行事や口承文化が失われ、文化の担い手が減少しつつあります。国立民俗文化遺産研究所は、同国の無形文化財の記録、保存および知識普及活動の役割を担っていますが、機材の老朽化などでその役割を十分に果たせていませんでした。この協力では、同研究所に対して、無形文化財の視聴覚資料制作や資料の上映会、伝統工芸催事などを行うための視聴覚機材の整備を支援し、無形文化財の保存に寄与しました。

協力地域地図

国立民俗文化遺産研究所視聴覚機材整備計画の協力地域の地図

協力現場の写真

  • 250人収納可能なメディアセンターのスタジオ。演奏会やライブ収録が行われる。(協力実施前撮影、以下写真2〜5まで同様) 

  • メディアセンターのコントロールルーム。過去の日本の支援で整備された機材。 

  • メディアセンターのデジタル変換室。アナログテープのデジタイズ作業の様子。 

  • メディアセンターのレコーディング室内。 

  • 民俗学博物館のサウンドアーカイブ室内。 

  • この協力で供与された屋外撮影用システム。 

  • この協力で供与された機材。 

  • この協力で供与されたビデオ編集システムの設置風景。 

  • この協力で供与されたビデオ編集システムの取り扱い説明の様子。 

  • この協力で供与された機材を使って試撮影をする様子。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。