エーヤーワディ・デルタ輪中堤復旧機材整備計画

The Project for Improvement of Machinery for Rehabilitation of Polder Embankment in Ayeyawady Delta

国名
ミャンマー
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2012年10月
供与額
11.60億円

プロジェクト紹介

2008年5月にミャンマーを襲ったサイクロン「ナルギス」は、13万8千人以上の死亡・行方不明者を出しました。特に、エーヤーワディ地域では、輪中堤防が破壊され、合計77万ヘクタールの水田が被害を受けるなど、住民の生活・生産活動に甚大な被害を与えました。また、2011年7月以降に発生した洪水でも冠水被害を受け、輪中堤の復旧が緊急課題となっていました。この協力では、同地域で被災した堤防の復旧工事に必要な建設機材などの整備を支援しました。これにより、被災した輪中堤の修復促進および防災機能の向上に寄与しました。

協力地域地図

エーヤーワディ・デルタ輪中堤復旧機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 輪中堤の堤防:法面崩壊や地表水による侵食が見られる。(協力実施前撮影) 

  • 輪中堤の水門:ゲートや堰柱の劣化が見られる。(協力実施前撮影) 

  • 協力実施前の老朽化したバックホー 

  • 供与機材:バックホー引渡式の様子 

  • 協力実施前の老朽化し修理不能となった建設機材。一部のパーツは交換部品として用いられる。 

  • 供与機材:ブルドーザー 

  • 協力実施前の老朽化した小型三軸試験機 

  • 供与機材:小型三軸試験機の据付け、調整中の様子 

  • 協力実施前の老朽化した圧密試験機 

  • 供与機材:圧密試験機の据付け、調整中の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。