エーヤーワディ・デルタ輪中堤復旧機材整備計画

(The Project for Improvement of Machinery for Rehabilitation of Polder Embankment in Ayeyawady Delta)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2012年10月
事業
無償資金協力
供与額
11.60億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

2008年5月にミャンマーを襲ったサイクロン「ナルギス」は、13万8千人以上の死亡・行方不明者を出しました。特に、エーヤーワディ地域では、輪中堤防が破壊され、合計77万ヘクタールの水田が被害を受けるなど、住民の生活・生産活動に甚大な被害を与えました。また、2011年7月以降に発生した洪水でも冠水被害を受け、輪中堤の復旧が緊急課題となっていました。この協力では、同地域で被災した堤防の復旧工事に必要な建設機材などの整備を支援しました。これにより、被災した輪中堤の修復促進および防災機能の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報