サポーティブスーパービジョンシステム強化プロジェクト

(Project for Strengthening Supportive Supervision System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シエラレオネ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年6月〜2019年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

シエラレオネの乳幼児死亡率および妊産婦死亡率は近隣国と比較して高く、地域住民に一番近い保健所の整備は進んではいるものの、適切なサービスを行うには、行政機関が保健所のニーズを把握し、そこで働く医療従事者に助言・指導を行い、具体的な改善につなげていく仕組みを作る必要があります。この仕組みを統合的なサポーティブ・スーパービジョン(ISSV)と呼びます。プロジェクトでは中央の保健衛生省から県保健管理局、県から保健所へのISSVの強化を図り、地域で実施される母子保健サービスの改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報