西バルカン地域における中小企業メンターサービス構築・普及促進プロジェクト

The Project on Establishment and Promotion of Mentoring Service for Small and Medium Enterprises in the Western Balkans (Serbia, Bosnia and Herzegovina, and Montenegro)

国名
欧州地域
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2013年4月〜2016年3月

対象国:セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ

プロジェクト紹介

西バルカン地域では、国内企業数の大半を占める中小企業に対し、経済の活性化、失業者の吸収や貿易赤字の緩和といった面で大きな期待を寄せていました。しかし、中小企業支援機関の体制が脆弱であったため、日本はセルビアに対して、中小企業に直接企業診断やアドバイスを行うメンター制度の組織化、定着のための支援を実施してきました。この協力では、対象国を1か国から3か国に広げセルビアのメンター制度のさらなる普及・強化と、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロにおけるメンターサービスの構築を支援しました。これにより、各国の中小企業支援機関の中小企業への支援能力が向上しました。

協力地域地図

西バルカン地域における中小企業メンターサービス構築・普及促進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 前身となる案件においてセルビア国内で育成されたメンター(経営指導員)総勢44名(セルビア)が一堂に会するセルビアメンター会議 

  • プロジェクトが作成したメンタリング能力(経営指導能力)を図るためアセスメントテストを受けるメンター(セルビア) 

  • 過去に企業に対して実施し、効果的であったメンタリングのケーススタディや理想的なメンターの定義などについてグループワーク形式で意見をまとめるメンターたち 

  • メンターから50時間の経営指導をうけた零細企業のCEO 2名と、経営指導による事業改善点をヒアリングするJICA専門家チーム 

  • 写真4のCEOと、当該企業の経営指導を担当したメンター。経営指導期間が終了した後も、企業経営者が経営上の課題について気軽に相談できる担当メンターの存在は大きな心の支えになっているという。 

  • ボスニア・ヘルツェゴビナにて、新たにメンター制度を構築・普及させていくべく、プロジェクトのコンセプトをカウンターパートに説明するJICA専門家チーム 

  • モンテネグロにて、新たにメンター制度を構築・普及させていくべく、プロジェクトのコンセプトをカウンターパートに説明するJICA専門家チーム 

関連情報