地理空間情報人材開発プロジェクト

Human Resource Development Project on Geo-Spacial Information for Implementation of Spatial Plan of Kosovo

終了案件

国名
コソボ
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発
協力期間
2013年10月〜2015年6月

プロジェクト紹介

2008年に独立したコソボはEU加盟を最重要課題としており、そのための法整備や経済成長などの課題に取り組むべく、都市・地域開発と自然環境保全を目的とした「コソボ空間計画」を掲げています。しかしながら、これを実現するためのマスタープラン策定には信頼性の高い国土基本図が必要であり、そのためのデータ収集や人材育成は急務となっています。この協力では、同国全土にわたる縮尺2万5,000分の1の地形図およびGISデータの作成や地理情報関連業務を担当する人材の育成を支援しました。これにより、本事業で作成した地理空間データが国土開発事業/計画策定に活用されるなど、「コソボ空間計画」に基づく国土開発に寄与しました。

協力地域地図

地理空間情報人材開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プリシュティナ市街 

  • カウンターパート機関であるCOSOVO CADASTRAL AGENCY 

  • インセプションレポートの説明を行う杉田総括 

  • 調査業務の紹介、成果データの利用普及および関連機関との連携・情報共有を目的とした第1回セミナー 

  • 調査業務の紹介、成果データの利用普及および関連機関との連携・情報共有を目的とした第1回セミナー 

  • 新たに作成する図式仕様について協議する西村調査団員 

  • JICA照井専門家(左)立ち合いの下、現地再委託入札書類の確認 

  • 地籍庁で日本の供与機材を使用中の職員 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。