官民連携による持続可能な観光振興プロジェクトフェーズ2

(Project for Sustainable Tourism Development through Public Private Partnership(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
パレスチナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年6月〜2016年6月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

世界最古の都市と言われるパレスチナのジェリコにおいて、日本は先行プロジェクトで、地域住民が主体となって観光事業を行うCommunity Based Tourism(CBT)を実施しました。先行プロジェクトでは一定の成果を達成したものの、その効果は一部に留まっており、今後地域経済全般に裨益をもたらす形で活動を発展させることが課題となっています。この協力では、観光プロモーションの強化、近隣諸国との連携を行うとともに、ジェリコに加え周辺5地域を対象として、CBTに留意した観光開発を展開し、パレスチナにおける観光振興手法の確立を図りました。これにより、観光客の増加を図り、地元コミュニティへ裨益がもたらされることを目指してプロジェクトを実施しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報