地方自治体能力強化プロジェクト

The Project for the Capacity Development of Local Governments

終了案件

国名
グアテマラ
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2013年3月〜2016年9月

プロジェクト紹介

グアテマラでは、1996年の内戦終結および和平協定以降、歴代政権は貧困削減に取り組んできましたが、貧困層の割合は依然として高く、特に地方部に集中しているため、同国政府は国内格差の是正を重要課題の一つと位置づけ、地方分権を通じた地域開発に取り組んでいました。この協力では、貧困指標の高い西部地域(ウエウエテナンゴ県、キチェ県、サン・マルコス県)のパイロット市において、社会開発事業の実施を通じ、地方行政に関わる人材の育成や体制の強化を支援しました。これにより、対象地域における市民の生活状況の改善に寄与しました。

協力地域地図

地方自治体能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 普及員研修受講者の集合写真(第一回研修終了後) 

  • 普及員研修:社会開発について講義を行う間瀬専門家 

  • 普及員研修:生活改善アプローチについて学ぶ普及員 

  • 研修で学んだ生活改善アプローチについて、コミュニティでワークショップを行う普及員 

  • プロジェクトの円滑な実施を確保するために、市長との会合を行う間瀬専門家 

  • 県調整委員会の一コマ。県内の関連機関との連携に向けた情報共有等を進めている。 

  • 本邦研修:生活改善の経験を農家から聞く市長やカウンターパート機関の職員 

  • 本邦研修:生活改善アプローチに関する講義を行う狐崎国内支援委員 

  • 本邦研修:生活改善グループの経験を聞く市長やカウンターパート機関の職員 

関連情報