河川流域機関総合水資源管理能力向上プロジェクトフェーズ2

Project on Capacity Development for River Basin Organizations in Integrated Water Resources Managementin the Republic of Indonesia(Phase 2)

実施中案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2014年12月〜2018年12月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、水需要増加に対する水資源開発の遅れにより、農村、都市での水不足、更に洪水対策、水質悪化などの問題が生じています。このような状況に対し、「河川流域機関実践的水資源管理能力向上フェーズ1」を実施し、水文観測、水配分管理、統合洪水管理、河川区域管理、河川施設管理、住民参加など12の分野でガイドラインやマニュアル、トレーニングモジュールなどを整備し、河川流域機関の研修実施体制の強化を図ってきました。この協力(フェーズ2)では、その成果の全国への普及活動なども含め、河川流域機関の体制と能力の更なる向上を支援します。これにより、総合水資源管理に関する取組みの継続的な強化に寄与します。

協力地域地図

河川流域機関総合水資源管理能力向上プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • フェーズ1で作成された研修材料も利用しながら、水資源管理能力向上を図る。 

  • 関係者による合同調整会議。プロジェクトの全体計画、年間計画などについて協議。 

  • フィールドプラクティスサイトであるチリウン・シサダネ河川流域事務所の管内を流れるチリウン川。河川内のゴミが浮いている。 

  • チリウン川の河川区域内の住宅。 

  • チリウン・シサダネ河川流域事務所長との打合せ。都市における河川管理能力の向上が求められている。 

  • フィールドプラクティスサイトであるスラウェシ河川流域事務所の管内では、近年、過去最大クラスの洪水が発生している。住宅の主人が壁に残った洪水の痕跡を指す。 

  • 洪水で橋が流失し、仮設橋を利用している人々。 

  • スラウェシ州マナド市内のトンダノ川周辺の住宅。 

  • ダムの様子。今後、管理能力のさらなる向上が求められている。 

  • カウンターパートともに現場調査(トンダノ川)。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。