橋梁・トンネル維持管理能力向上プロジェクト

The Project for Capacity Development for Maintenance Management of Bridges and Tunnels

国名
キルギス
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2013年6月〜2016年1月

プロジェクト紹介

内陸国キルギスの道路は、国民生活において重要であり、また中央アジア地域、南西アジア地域を結ぶ域内交通手段としても重要な役割を担っています。国内の主要道路は旧ソ連時代に完成したものですが、独立後のキルギスにその維持管理技術は十分に引き継がれませんでした。JICAが運輸交通インフラの整備を支援するなか、運輸通産省(MOTC)の道路維持管理能力は改善してきたものの、橋梁・トンネルなど道路構造物の維持管理能力は、引き続き課題となっていました。この協力では、MOTC、道路維持管理部、地方道路維持管理局など各関連省部局所の役割分担を明確にし、橋梁・トンネルに関する情報データシステムの整備、日常の維持管理能力および関係部局の点検・評価に係る能力の強化を支援しました。

協力地域地図

橋梁・トンネル維持管理能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 桁全体にひび割れが水平方向に入っており、落橋の危険性がある橋梁。 

  • 橋梁の損傷が重大で、落橋の危険性があることを運輸通信省(以下、MOTC)担当者に説明。その結果、橋梁の補修と、補修が完了するまでの間の重量制限の実施が検討されることになった。 

  • 実際の橋梁でMOTC担当者に損傷の記録方法を説明した上で、損傷図を作成し、損傷写真を撮影・整理した。 

  • 橋の下を水が流れていて支間中央に近づけない橋梁は、橋台の下から近接目視で損傷の種類とその範囲を確認することとその方法をMOTC担当者に指導する専門家。 

  • 跨道橋における橋梁点検の注意点をMOTC担当者に説明する専門家。 

  • 橋梁の損傷の評価の仕方について専門家とMOTC担当者とで議論。 

  • キルギス全土の詳細な地図を用いて現地状況を確認しながら研修を実施する専門家。 

  • トンネルデータベースを作成するための基礎情報がないため、実際にトンネルでMOTC担当者に幅員や断面諸元等の計測方法を指導した上で、各諸元の計測を実施した。 

  • トンネルデータベースを作成するための基礎情報がないため、実際にトンネルでMOTC担当者に幅員や断面諸元等の計測方法を指導した上で、各諸元の計測を実施した。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。