中米広域防災能力向上プロジェクトフェーズ2

(Project on Capacity Development for Disaster Risk Management in Central America, Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中南米地域 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年7月〜2020年8月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

中米地域(エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、ニカラグア、コスタリカ、パナマ)では、地震のみならず、風水害、土砂災害、火山災害など共通した自然災害のリスクを抱え、これら自然災害による人的、経済的損害が同地域の開発にとって大きな阻害要因となっています。中米6ヵ国が災害に強い社会を築くことを目的として1993年に中米防災センターを設立し、フェーズ1の協力により自然災害に対する適応力強化に向けた体制整備が図られています。この協力(フェーズ2)では、フェーズ1で体系化されたコミュニティ防災の持続的な普及体制の強化などを支援すると共に各国の経験を中米域内で共有できる体制の構築を支援します。これにより、減災と災害対応のための自治体・コミュニティの能力強化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報