麻疹風疹混合ワクチン製造技術移転プロジェクト

(The Project for Strengthening Capacity for Measles-Rubella Combined Vaccine Production)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ベトナム [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年5月〜2018年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ベトナムでは、5歳未満児の死亡率の低減および感染症流行の抑止を目的に、拡大予防接種計画(EPI)に基づき、麻疹や結核など6つの感染症の予防接種を実施しています。しかし近年、風しんの発症例が増加し、2011年には発症数が7,259件に至っており、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)の国内生産体制の構築が急務となっています。この協力では、世界基準を満たすMRワクチンの生産体制の構築を支援します。これにより、自国で製造されたMRワクチンをEPIに導入できるようになり、同国の技術力の向上と感染症の罹患数の減少を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報