ラホールセントラル地区における交通管理能力強化プロジェクト

Project on Improvement of Traffic Management Capacity in Lahore Central Area

実施中案件

国名
パキスタン
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2016年1月〜2019年3月

プロジェクト紹介

パキスタン第2の都市であるラホール市は、1千万人近くの人口を擁し、2001〜2008年の間はバイクを含めた年間車両登録台数が年平均36.7パーセントも増加し、急速なモータリゼーションにより、都市内の交通渋滞が深刻化しています。日本は技術協力により、同市の2030年までの都市交通に係る長期計画と2020年までのアクションプランの策定を支援しました。この協力では、同市の交通混雑緩和を目的として、同市の都市交通事業を管轄している複数の組織の職員に対し、研修を通じて都市交通管理に必要な知識を強化し、交通管理・交通円滑化事業の計画立案および実施にかかる能力向上を支援します。

協力地域地図

ラホールセントラル地区における交通管理能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カウンターパートとのミーティング風景 

  • カウンターパートとのミーティング風景 

  • カウンターパートと協働で信号制御機の状況調査 

  • 合同調整員会(JCC)の様子 

  • ラホール市内の混雑状況 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。