防災人材育成計画プロジェクト

Project for Capacity Development of Disaster Management

実施中案件

国名
パキスタン
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2016年8月〜2021年12月

プロジェクト紹介

パキスタンでは、2005年の北部大震災を契機として、予防・軽減対応、災害横断的対応に軸を置いた防災体制の強化を開始し、2007年には国家防災庁が設置されました。日本は「国家防災管理計画策定プロジェクト」を実施し、国家防災庁(NDMA)による国家防災計画の策定支援を行いましたが、行政能力が不足していることや、公的研修機関である国家防災研究所(NIDM)の研修機能が脆弱であるなど、防災行政機関の能力強化を図ることが難しい状況にあります。この協力では、NIDMを介した防災人材育成の実施体制の強化を支援します。これにより、同国内の防災行政機関に所属する人材の有する防災関連知識の向上に寄与します。

協力地域地図

防災人材育成計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • パキスタン国家防災庁長官とJICA所長との間で実施協議合意書に署名 

  • 第1回合同調整委員会(JCC)の様子 

  • データベースに係る協議の様子 

  • カウンタパート(C/P)職員を対象としたキャパシティ・アセスメント実施状況 

  • 研修サイクル・指導者研修(TOT)に係るNDMA・NIDMとの協議(2020年2月14日) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。