南米における大気環境リスク管理システムの開発プロジェクト

The Project for Development of the Atmospheric Environmental Risk Management System in South America

実施中案件

国名
アルゼンチン
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2013年4月〜2018年3月

プロジェクト紹介

アルゼンチンおよびチリ南部のパタゴニア地域では、オゾン層の破壊による紫外線量の増加が深刻な問題となっており、紫外線量を正確かつタイムリーに測定することにより、皮膚がんや白内障対策に迅速かつ適切な対応が求められています。この協力では、現存するオゾンと紫外線観測システム(ミリ波分光放射計、オゾンライダー、および他の関連測定器)の高精度化や、オゾンホールの変動、低オゾン状態の空気塊の南米中緯度帯への拡散・混合過程の分析、およびこれらのデータを関係各機関と共有するシステムの開発などを支援します。これにより、大気環境リスク管理システムが開発され、関係機関が同システムを活用して紫外線などの大気環境要因によるリスクや損失を最小限に抑えることに貢献することが期待されます。

協力地域地図

南米における大気環境リスク管理システムの開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 3ヵ国プロジェクトチームのメンバー(アルゼンチン、以下写真2〜7まで同様) 

  • ライダーによるオゾン層観測 

  • 一般公開セミナーで講演を行なうチリマゼラン大学研究者 

  • 一般公開セミナーで講演を行なう名古屋大学研究者 

  • 観測データーの解析を行なうアルゼンチン研究員 

  • 第1回プロジェクト合同調整員会の様子 

  • 夜間のオゾン層観測の様子 

  • オゾンゾンデを準備する研究員(チリ) 

  • 一般の方を交えて行なったオゾンゾンデの打ち上げ(チリ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。