生物多様性保全のためのパーム油産業によるグリーン経済の推進プロジェクト

Project on Promotion of Green Economy with Palm Oil Industry for Biodiversity Conservation

国名
マレーシア
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2013年11月〜2017年11月

プロジェクト紹介

マレーシアサバ州の最大河川であるキナバタンガン河流域には、森林保護区や野生生物保護区が点在しており、希少な野生生物の重要な生息域となっています。近年、同州ではパーム油産業が基幹産業で300以上あるアブラヤシ農園で使用される農薬や、旧式の排水処理システムで稼働する搾油工場から排出される処理水などが原因で、河川の水質汚濁が発生しており、地域の生物多様性への影響が懸念されています。この協力では、パーム・バイオマスの残渣を活用し新たなグリーン産業を創出するビジネスモデルを確立し、その成果を州政府や投資家、地元企業に共有することを支援します。これにより、パーム油産業から汚染物質を軽減し、パーム油産業をグリーン経済として振興することで新規雇用が創出されることが期待されます。

協力地域地図

生物多様性保全のためのパーム油産業によるグリーン経済の推進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 搾油工場に集められるパーム椰子果実(Fresh Fruit Bunch:FFB) 

  • アブラヤシプランテーション 

  • キナバタンガン河の自然 

  • パームオイル工場と余剰バイオマス 

  • マレーシアプトラ大学(以下UPM)内(実証研究施設) 

  • パーム搾油工場から排出される蒸気 

  • 実証研究施設内に設置された炭化炉施設 

  • 搾油後に廃棄されるパーム繊維 

  • 九州工業大学(KYutech)、UPMインターンシップ 

  • ワークショップ(UPM) 

関連情報