マルマラ地域における地震・津波防災および防災教育プロジェクト

Project of Earthquake and Tsunami Disaster Mitigation in the Marmara Region and Disaster Education in Turkey

国名
トルコ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2013年5月〜2018年4月

プロジェクト紹介

世界有数の地震頻発国であるトルコ。都市部においても耐震基準に満たない構造物や非構造部材の強度不足などで、比較的小規模な地震でも大きな被害が出ています。特に大都市イスタンブールを含むトルコ最大人口地域のマルマラ地方は、地震空白域とされるマルマラ海底下の断層を有し、将来の地震・津波のリスクが高いとされ、防災対策の推進が急務です。この協力では、マルマラ海域の地震観測とシミュレーション、それに基づく科学的な防災教育の実施を支援します。これにより、同国国民の防災意識の醸成を図り、防災対策の推進に寄与します。

協力地域地図

マルマラ地域における地震・津波防災および防災教育プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • イスタンブール市街地の風景。歴史ある古い町並みと、高層ビルが混在する。耐震建築がなされていない建物も存在する。 

  • トルコ側研究代表機関のBogazici大学Kandilli地震観測研究所から見るボスポラス海峡。プロジェクトサイトのマルマラ海へと繋がる。 

  • キックオフワークショップ(2013年5月)での集合写真 

  • キックオフワークショップ(2013年5月)での日本側研究代表者によるプレゼンテーション 

  • キックオフワークショップ(2013年5月)での研究課題グループに分かれての議論 

  • 海底に設置する地震計を準備する専門家 

  • 調査船から地震計を降下させる様子 

  • メディアを招いてのサイエンスカフェの様子 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。