法整備支援プロジェクト

(The Project for Capacity Development of Legal, Judicial and Relevant Sectors in Myanmar)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年11月〜2018年5月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

ミャンマーでは、2011年3月に新政府が発足して以来、「民主化」、「経済改革」、「少数民族との和平」を3つの柱とした改革が進められてきましたが、法・司法セクター改革による法の支配の確立は、これら改革を進める上での不可欠な要素として認識されており、特に、2015年のアセアン経済共同体の共同設立に向けた市場経済化促進・投資環境整備のための法・司法制度の整備が喫緊の課題となっています。この協力では、中長期的な観点から、人材育成の基盤整備、法令相互の整合性・体系性、立法の優先順位の検討などを支援します。これにより、将来の自立的、持続的な法令の整備およびその適切な運用、さらには、法の支配の確立、民主化、経済改革に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報