地熱開発のための能力向上プロジェクト

The Project for Capacity Strengthening for Geothermal Development in Kenya

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2013年9月〜2017年9月

プロジェクト紹介

ケニアでは、経済成長や人口増加によりピーク電力の需要が今後も大幅に増加すると予測されていますが、水力発電に発電設備容量の約半分を依存しているため、電力供給は干ばつなどの天候の影響を受けやすく不安定な状況にあります。そのため、同国政府は2009年に地熱開発公社(GDC)を設立しましたが、探査や掘削の技術レベルが低く、技術向上を通じた地熱開発のリスクの軽減が喫緊の課題となっています。この協力では、地熱開発に伴うリスクの低減を図り、GDCが安定した蒸気供給を行うことができるように、GDC職員の能力向上を支援します。これにより、GDCが電力事業者に対して適切に蒸気供給を行うことに寄与します。

協力地域地図

地熱開発のための能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ケニア地熱地帯におけるカルデラ(2013年5月撮影、以下写真2〜4まで同様) 

  • メネンガイの掘削リグ 

  • メネンガイにおける噴気試験 

  • オルカリアの地熱発電所(オルカリア2) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。