資金・証券決済システム近代化プロジェクト

Project for Modernizing the Funds Payment and Securities Settlement Systems in Myanmar

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
経済政策、情報通信技術
協力期間
2014年2月〜2020年8月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは経済分野の開発目標として市場経済化や投資促進を掲げ、金融規制緩和や証券取引市場の開設など、金融セクターの近代化に向けた環境整備を進めていますが、金融市場の発展を支える情報通信技術システム(ICT)の整備が遅れており、特に中央銀行における業務ソフトウェアおよびICTインフラ基盤の整備(「業務システム」と総称)が急務とされています。この協力では、日本の無償資金協力により整備される「業務システム」の適切な稼働や維持管理に必要な人材育成や体制の整備を支援します。これにより、同国における金融市場の近代化に貢献します。

協力地域地図

資金・証券決済システム近代化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクト長期専門家によるミャンマー中央銀行総裁表敬 

  • 大和総研による無償資金協力プロジェクトに関するミャンマー中央銀行幹部への業務説明ミーティングに参加 

  • 白川前日本銀行総裁とミャンマー中央銀行本店(ネピドー)を訪問 

  • 白川前日本銀行総裁による中央銀行幹部に対するセミナー開催(ネピドー) 

  • 白川前日本銀行総裁による中央銀行・商業銀行幹部に対するセミナー開催(ヤンゴン) 

  • 白川前日本銀行総裁と開発中のティラワ特別経済特区(SEZ)を視察 

  • ミャンマー中央銀行会計近代化ミッションによるミャンマー中銀での実情調査 

  • ミャンマー中央銀行会計近代化ミッションによるミャンマー中銀幹部に対する調査結果報告 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。