首都圏電力供給能力向上計画

The Project for Enhancing Power Generation Capacity in the Urban Area in the Republic of Palau

終了案件

国名
パラオ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2012年6月
供与額
17.29億円

プロジェクト紹介

パラオの中心部では、発電所設備の老朽化と維持管理不足により供給可能電力容量が低下し、安定した電力供給が困難な状況でした。さらに2011年にアイメリーク発電所で火災事故が発生し、電力供給量が大幅に低下しました。その後、発電機の再稼働などにより、ピーク需要を何とか満たすほどには回復したものの、余剰発電力が乏しいため、維持管理に支障が出ていました。この協力では、アイメリーク発電所での発電所棟の建設や新しい発電所棟を建設し、ディーゼル発電機(5メガワット)を2台供与しました。これにより、安定した電力供給体制の構築を図り、電力不足の緩和、国民生活の安定化に寄与しました。

協力地域地図

首都圏電力供給能力向上計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施前の様子】既存アイメリーク発電所の全景。 

  • 【協力実施前の様子】機材が老朽化していたため、煙突からは黒煙が排出され、近隣住民の苦情が発生していた。 

  • 【協力実施前の様子】施設内に設置されている燃料備蓄タンク(8基)。 

  • 【協力実施前の様子】火災事故後の建屋内部の様子。 

  • 【協力実施後の様子】アイメリーク発電所の全景(写真提供:鈴木革) 

  • 【協力実施後の様子】アイメリーク発電所外観 

  • 【協力実施後の様子】発電プラント(写真提供:鈴木革) 

  • 【協力実施後の様子】排気煙突および放熱器 

  • 【協力実施後の様子】制御室(写真提供:鈴木革) 

  • 【協力実施後の様子】竣工式テープカット(2014年4月23日) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。