ナカラ港緊急改修計画

The Project for Urgent Rehabilitation of Nacala Port

終了案件

国名
モザンビーク
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2012年12月
供与額
32.00億円

プロジェクト紹介

モザンビーク北部のナカラ港は今後、ナカラ回廊をはじめとするアフリカ南東部の拠点港として、取扱貨物量の大幅な増加が見込まれています。しかし、同港は完成から約40年が経過し、施設および機材の老朽化による物流への支障が顕在化していました。この協力では、同港において岸壁やコンテナヤードの改修、消火設備の設置、荷役機材の整備などを支援しました。これにより、同港の物流機能の改善を図りました。また、ナカラ回廊の拠点となる同港の機能を強化することにより、日本が推進するナカラ回廊総合開発の進展にもつながります。

協力地域地図

ナカラ港緊急改修計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ナカラ港北埠頭エプロンの陥没状況(協力実施前撮影、以下写真2〜4まで同様) 

  • ヤード陥没状況 

  • 消火設備 

  • コンテナヤード予定地全景 

  • この協力で整備された北埠頭:コンテナバース 

  • この協力で整備された北埠頭:オイルバース 

  • この協力で整備された給油設備(ローディングアーム) 

  • この協力で整備された消火設備(モニター) 

  • 供与機材:RTG 

  • 供与機材:リーチスタッカー 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。