西岸地域廃棄物管理改善計画

The Project for the Improvement of Solid Waste Management in the West Bank

終了案件

国名
パレスチナ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
環境管理
贈与契約(G/A)締結
2012年12月
供与額
8.00億円

プロジェクト紹介

パレスチナ自治区のヨルダン川西岸地域では、最終処分場への廃棄物搬送が困難なことから、オープンダンピングや野焼きが行われ、住民の衛生環境や健康に悪影響をおよぼしています。また、既存の最終処分場についても、今後、容量を超えることが予想されているため、将来を見据えた対策が急務となっていました。この協力では、処分場の拡張とリサイクル施設および中継基地の建設、ゴミ収集車やコンテナなどの機材の整備を支援しました。これにより、近隣住民の生活衛生環境の改善に寄与しました。

事業評価

協力現場の写真

  • ジェリコJCの既存埋め立て処分場。パレスチナの廃棄物管理は、各地方自治体で構成される広域行政カウンシル(JC)により実施されている。(協力実施前撮影、以下写真2〜5まで同様) 

  • ジェリコJCの既存埋め立て処分場。搬入されたごみの埋立作業。 

  • ジェリコJCの既存埋め立て処分場。中継基地およびMRF(資源回収施設)建設予定地。 

  • トゥバスJCの既設中継基地。堆積するごみ。 

  • トゥバスJCの既設中継基地。ごみの減容化のため、堆積したごみの野焼きが行われている。 

  • 供与機材:車両 

  • 供与機材:コンテナ 

  • 供与機材:コンパクタ 

  • 供与機材:スキッドステアローダ 

  • 引渡し式の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。